万能美容液ヒアルロン酸の活用|全身ぷるぷるボディー

副作用に注意

印のラインが入っている顔

ヒアルロン酸は基本的に人体にも存在するムコ多糖の一種です。そのため外部から摂取したとしても副作用や害等は考え無くてもいいでしょう。そもそも人体に存在するものなので特にアレルギーなど無ければ副作用はありません。しかしながらヒアルロン酸を用いた整形手術などでは必ず失敗などを見受けることが出来ます。なぜヒアルロン酸で副作用や失敗事例が報告されるのかというと、合併症にヒントが有ります。ヒアルロン酸自体は無害であっても例えば注入する時に注射針が上手く挿入できなくなり内出血を起こしたり、また間違った場所に注入した結果凸凹が生じてしまったり、また大量の注入によって溶けずにしこりになることもあります。これらは全て手術や治療の工程のミスや失敗であり、ヒアルロン酸自体がどうこうというわけではない場合がほとんどになります。

ヒアルロン酸を用いた整形や手術で失敗報告例が多い部位としてほうれい線や鼻などの整形があります。ほうれい線の場合は一度に大量に注入することに寄って一時的にほうれい線を目立たなくすることができますが、大量に注入した結果皮膚が伸びてしまい、身体に吸収された後にぶよぶよな肌になるなどがあります。また鼻に注入する場合に間違って溶けない場所に注入し、毛細血管を圧迫することによって壊死してしまうというケースもあります。粗悪な環境で治療する場合に起こりやすく、もしもそういう状態に陥ってしまったら直ぐ様正しい美容外科クリニックで相談する必要があります。幸い早めに相談することでヒアルロン酸は溶解することができます。